忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

"妊娠二十八週と三日の妊婦です。最近帯下がふえて、外陰部にかゆみをおぼえています。定期健診で膣カンジダ症といわれ、治療を受けています。これは赤ちやんに感染したりする心配はないでしょうか。

この病気は、妊婦とかがんで化学療法を長期間受けている人、糖尿病、ビタミンB2欠乏症などの人に多くみられる病気である。
黄色い帯下の増量と、外陰部の強い掻淳感、灼熱感があり、帯下も豆腐カス様であることが多いのが特徴である。
全身的な感染症もあるが、膣内のみの場合は十日から十四日程度の局所治療で治癒する。

一般細菌による尿道炎②
この病気では、むしろ妻のほうが十分に婦人科医で治療を受け、夫への再感染を防ぐべきである。
外陰及び外性器にカンジダ症が発生しても、それが尿路や副性器にまで二次的に波及することはめったにない。男性には、カンジダによる尿道炎が起こることがあるが、これは性行為によるというよりも、抗菌薬を使ったために起こるものらしい。カンジダ病の治療は、抗真菌楽を含む軟習など、外用剤を使うのが一番よく、経口剤、または注射の抗真菌薬を用いることは、副作用の点で好ましくない。
もともと尿道には、細菌がいないわけではない。したがって尿をしらべて細菌が検出されたからと
いって、すべて病気と関係があるとはいえない。" クラミジアと不妊治療
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R
Copyright © クラミジアに効くエンペシドって? All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]